mugen-hoo-jinn 夢幻風神

お小遣い稼ぎなどいろんな情報や出来事を日々更新中!!

おすすめサイト
1,000円当選が毎日30名
コンテンツが盛り沢山!!
500円から換金可能
家族4人まで登録OK!!
現金やギフト券に交換OK
フルーツメール
げん玉の詳細はGet Money!の詳細はフルーツメールの詳細は



| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Ping送信によるメリット

■Ping送信によるメリット


Ping送信というのは、「サイトが更新したよ」、ということを各Pingサーバーへ通知することです。

お手持ちのサイトからPingを送信することによって、
各Pingサーバーから一時的にリンクが貼られ、

●そのリンク経由で検索エンジンのクローラーが呼び込める
●そのリンク経由で直接のアクセスが呼び込める

という効果が期待できます。

基本的に、「直接のアクセス」を呼び込むという点に関しては、
そこまで大きな効果は期待できませんので、
主なメリットとしては、前者の「クローラーを呼び込む」ということになります。

※ただし使い方によっては短期的なアクセスも多数呼び込めます。

SEOなどに詳しい方はご存知かもしれませんが、WEBサイトにアクセスを集めるためには、Yahoo!やGoogleといった、「大手検索エンジン」から人を呼び込むことが重要になります。

そしてこの時、何よりも大事なことは、
検索エンジンに自分のサイトを「認識」させることです。

どれだけがんばってサイトを作成しても、
そのサイトが検索エンジンから「認識」されていなければ、
いつまで待ってもアクセスがやってこないからです^^;

では、どのようにすれば、
自分のサイトを検索エンジンに「認識」させることができるのでしょうか?

これにはいくつか方法があるのですが、
肝心なのは「検索エンジンのクローラーを呼び込む」ということです。

先ほどから登場している「クローラー」というのは、
簡単に言えば「情報収集用のロボット」のようなものです。

Yahoo!やGoogleといった大手検索エンジンは、
インターネット上にこのような「クローラー」を巡回させて、
色々なサイトのデータを集めて、保存しているんですね。

ですから、この「クローラー」を自分のサイトへと呼び込んで、
『自分のサイトのデータを検索エンジンに保存させる』ことができれば、
みなさんのサイトが検索エンジン上で表示されるようになるわけです^^

そしてこの「クローラー」というのは、
サイトからサイトへの『リンク』をたどって移動しています。

ですから、


 ●Pingを送信する

  ↓

 ●Pingサーバーに一時的にリンクが貼られる

  ↓

 ●そのリンクをたどってクローラーがやってくる


という効果が期待でき、あなたのサイトのSEO対策として、
Ping送信が役に立つ・・・というわけなのです。

これがPing送信によるメリットのひとつです。

Ping送信自体は地味な作業ですが、
今回解説したように、SEOやアクセスアップに重大な効果がありますので、
たかがPing送信と思わずに、しっかりと行なうようにしてください。
スポンサーサイト

| Ping送信によるメリット | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Ping 送信とはなにか

■Ping送信とは何か

現在有効なアクセスアップ対策のひとつとして、
「Ping送信」が重要であると言われていますが、
そもそもこの「Ping送信」とはどのようなものなのでしょうか?


「Ping送信」とは、自分のブログを更新した際に、
Ping送信先として指定した各サーバーに対して、
『ブログを更新した事を通知する仕組み』の事を指します。

わかりやすく言えば、「ブログの更新通知」のようなものとなります。
       
このPing送信(更新通知)を受け取ったサーバーは、
送信元であるブログを巡回して、新しい記事の情報を取得していきます。

そしてその情報をもとに、各種ブログ検索に登録したり、
更新された記事に(一時的に)リンクを貼ったりする事になります。

ごく簡単に解説すると、
以上がPing送信の主な仕組みとなります。

技術的な話が含まれるので、わかりづらいところもあるかもしれませんが、
特に細かい部分までを理解する必要はありませんのでご安心下さい。


重要なのは、「Ping送信がアクセスアップにとって大切である」、
ということをしっかり理解しておくことです。




| Ping 送信とはなにか | 21:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Ping送信

pingとは

pingとは、別名「更新通知」と訳されることもあります。
その名の通り、ブログやホームページが更新されたことを、
別のサイト(pingサーバー)に通知する機能です。


pingサーバーとは

インターネットには色々なブログの更新情報を収集し、誰でもそれを見ることができるように
なっているサイトがあります。そういったサイトをPingサーバと呼びます。
あなたの書いた記事は、このpingサーバーに掲載されるようになります。
pingサーバーには、GoogleやYahoo!をはじめ、ブログ専門の検索エンジンやブログランキングなど、国内に数十サイト存在しており、全国のサイトからping送信を受け付けています。
pingサーバーへ更新情報を通知(Ping送信)することで、訪問されやすいブログになるという事です。つまりアクセス数が増える可能性があります。


ping送信するには

ping送信するには、あなたのブログにping送信先のURLを設定しておく必要があります。ping送信先URLは、pingサーバー側で個別に発行しているURLで、pingを受信するプログラムがおかれているURLですので、画面上に表示されるアドレスとは異なります。
それぞれのpingサーバー側で送信先URLを公開していますので、調べることができます。
このping送信先URLをあなたのブログの管理画面内にあるping送信先設定の欄に入力しておけば完了です。


①ブログの記事を書いてアップする場合に 『私は記事更新しました』とお知らせを出します
②お知らせを受けたサイトは新着記事としてサイトに表示します
③その表示を見た方がブログへ訪問してくれる

以上の様な流れが出来るわけですが、日本全国ではかなりのブログ数があります。
新着記事も更新時間が多い時間帯もあり、表示されている時間は数分程度というような場合が多いです。
ですが、設定しておき訪問窓口の1つと考えるならば、設定しないより設定しておく方が
アクセス対策としてよろしいのではないでしょうか。

| Ping送信 | 11:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

検索エンジン登録編

SEOとは?
SEOとはSEOは「Search Engine Optimization」の略で、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」のことです。
サーチエンジンの検索結果のページの表示順の上位に自らのWebサイトが表示されるように工夫すること。

では、検索エンジンに表示されるにはどうすれば良いか?
ブログや、ホームページサイトのページをインデックスする必要があります。

インデックスとは?
検索エンジンが、Webページに登録する作業の事。

簡単なインデックスの流れを紹介です。
検索エンジンクローラー巡回
 ※クローラー巡回は自動ではしてくれません、必ず検索エンジンURL登録サイトから。

google はコチラから
yahoo はコチラから
Bing はコチラから

②Webクローラー巡回時に保管されるキャッシュデータ

③キャッシュデータが後に、インデックスされる場合がある
 ※注キャッシュデータが必ずインデックスされるわけでもありません。

インデックス数が多いと、検索エンジン上のデーターベースに多くのページを残す事ができる為、
SEO的に優位となり得ます。

| 検索エンジン登録編 | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トラックバック

トラックバックって

トラックバックとは、ある記事にリンクをはると、その相手(記事)に対してリンクを
はったことを伝えられる機能です。
たとえば、A さんが B さんの書いた記事に対して「私(A さん)はあなた(B さん)の書いた記事と
同じトピックについて、こんな記事を書きました」ということを、記事を投稿することによって、お知らせする機能です。
これを、「トラックバックを送る」と言います。

マナーとして、トラックバックをしたときには、必ず記事本文中にトラックバック先の相手のブログへ、
「ネタ元」や「関連記事」などとしてリンクをはってあげましょう。

引用:ブログ:ココログ:ココログサポート:クイックスタート


| トラックバック | 11:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。